男女産み分けについての日本の状況

色々な事情で、男の子を生みたいとか、逆に女の子を生みたいという希望を持つ人のために『産み分けゼリー』が注目されています。

 

背景には、男女産み分けについて、日本が比較的厳しい姿勢を取っていることがあります。

 

男女に産み分けることは、倫理的な問題を別にすれば、技術的にはすでに行うことが可能です。出生前診断と、着床前診断、2つの方法があり、世界では普通に行われている国もあります。

 

ただし、日本では、男女の産み分けを目的とした、出生前診断とか着床前診断は認められていません。

 

出生前診断とは具体的には、胎児の遺伝子検査のことです。最終的には人工妊娠中絶することで産むかどうかを判断するため、男女の判別というよりは、ダウン症候群などの遺伝子疾患の有無を調べるために行われます。

 

着床前診断とは、胎児になる前の受精卵の段階での遺伝子検査で、PGD(Preimplantaion Genetic Diagnosis)とも呼ばれます。胎児になる前の受精卵の段階で調べるもので、倫理的な問題は少ないと考える人もいます。

 

日本産科婦人科学会は、出生前診断については、原則として妊婦には積極的に勧めない姿勢で(禁止ではありません)、着床前診断については、重い遺伝病の患者などに限定して行うもので、男女産み分けのためには認めないという指針を出しています。

 

参考:社団法人日本産科婦人科学会『着床前診断に関する見解

産み分けゼリーの仕組み

卵子と精子が受精してしまうと、どうしても倫理的な問題が出てきてしまいます。『産み分けゼリー』は、受精前の段階で、男女の産み分けをサポートするものです。

 

赤ちゃんの性別は、受精するときの精子の種類によって決まります

精子には染色体の異なるX精子とY精子がありますが、X精子と卵子が受精すると女の子、Y精子と卵子が受精すると男の子を授かります。

 

X精子とY精子にはそれぞれ特徴があり、X精子は酸性に強くアルカリに弱いこと、Y精子はアルカリ性に強く酸に弱いことが分かっています。

 

『産み分けゼリー』は、ゼリーを塗ることで、精子を迎える女性の身体(膣)を、酸性とかアルカリ性にコントロールすることで男女の産み分けをサポートするものです。

 

男の子が欲しければ、膣の状態をアルカリ性に保つ
女の子が欲しければ、膣の状態を酸性に保つ

 

日本では女の子を望む傾向が強い

世界の異なる国の人々の社会文化的、道徳的、宗教的、政治的価値観を調査するために、世界価値観調査(WVS:World Values Survey)が1981年から行われています。

 

この中で、子供の性別について「子供を一人だけ持てるなら男子と女子どちらを望むか?」という項目があります。全体的な傾向として、発展途上国・新興国では男子を希望する傾向が強く、先進国では女子を希望する傾向が見られます。

 

日本でも女子を希望する傾向が強く、このため『産み分けゼリー』でも女の子を生むことに的を絞った製品もあります。

 

産み分けゼリーの比較表

現在、日本で販売されている『産み分けゼリー』の代表的な商品を比較表にまとめました。
(これ以降の価格表記は、全て税抜き表記です)

 

項目 ハローベビー ベイビーサポート ピンクゼリー
製品画像

ハローベビー

ベイビーサポート

ピンクゼリー

産み分け対象 男の子/女の子

(両方対応)

男の子/女の子

(両方対応)

女の子のみ
1セット使用回数 7回分 7回分 10回分
価格(1セット時) 10,000円 13,800円 14,800円
1セット時単価 1,429円 1,972円 1,480円
価格(3セット時)

3セット合計価格

8,500円

25,500円

9,660円

28,980円

12,800円

38,400円

3セット時単価

1,215円

1,380円

1,280円

返品返金 不可 不可 8日以内
品質管理 日本製 日本製 管理医療機器認証

(日本製の明記無し)

製造販売会社 シンゲンメディカル(株) (株)Coussinet ジュンビー(株)
公式サイト

 

それぞれ最も優れている項目にを付けています。

 

こうして比較してみると、『ハローベビー』が日本製で信頼性が高く、価格的にも最安値となっていて、多くの点で優れていることが分かります。

 

オススメの産み分けゼリー

ハローベビー

ハローベビー

『ハローベビー』は、シンゲンメディカル(株)が製造販売する、産み分けゼリーです。

 

男の子用と女の子用のパッケージが分かれていて、どちらか希望する方を購入するかたちです。

 

価格は1セットのみで買うと、10,000円、3セットまとめ買いすると8,500円になります。産み分けゼリー製品のなかでは最安値です。

 

日本製なので安心して使用することが出来ますし、皮膚刺激性試験、目刺激性試験、急性経口毒性試験など、多くの安全試験にパスしているのも安心・安全感を高めてくれる要素です。

 

コストパフォーマンスと信頼性を総合的に判断して、産み分けゼリー製品としては『ハローベビー』を第1位とします。

 

ベイビーサポート

ベイビーサポート

『ベイビーサポート』は、(株)Coussinetが製造販売する、産み分けゼリーです。

 

男の子用と女の子用のパッケージが分かれていて、どちらか希望する方を購入するかたちです。

 

価格は1セットのみで買うと、13,800円、3セットまとめ買いすると9,660円になります。

 

 

3セットまとめて購入した時に、使用を開始してすぐに妊娠したという場合、1セットあたり1,000円で買い戻してくれるユニークな制度が設けられています。

 

コストパフォーマンスに若干劣る点を考慮して、産み分けゼリー製品としては『ベイビーサポート』を第2位とします。

 

ピンクゼリー

ピンクゼリー

『ピンクゼリー』は、ジュンビー(株)が製造販売する、産み分けゼリーです。

 

女の子用のみのパッケージとなっていて、男の子を産みたいという人には不向きです。

 

価格は1セットのみで買うと、14,800円、3セットまとめ買いすると12,800円になります。

 

 

産み分けゼリー製品としては唯一、管理医療機器の認証を受けていますが、日本製の明記はありません。

 

コストパフォーマンスに若干劣る点と、女子用のみなのを考慮して、産み分けゼリー製品としては『ピンクゼリー』を第3位とします。

 

産み分けゼリーなら『ハローベビー』がオススメ

産み分けゼリーは、受精時の精子の染色体によって男の子か女の子かが決まること、それぞれの染色体を持つ精子の特徴を利用した製品です。

 

女性の身体の状態を、酸性またはアルカリ性にすることで、男女の産み分けをサポートするもので、100%確実に産み分けられるものではありませんが、しっかりとした理論に基づいてつくられているものです。

 

妊娠・出産は、一生のうちでもそう何度もないことです。赤ちゃんの性別についても、もちろん男の子でも女の子でも構わないと思いつつも、心の中に何となく「こうなったら良いな」という希望を持っているなら、試してみることをオススメします。

 

価格と安全性を総合的に判断して、産み分けゼリーなら『ハローベビー』を第一にオススメします!